プラズマ溶射

アルゴンなどのガス中で大電流の直流アーク放電により、高温高速のプラズマジェットを溶射ガン中に形成させ、このプラズマジェット中に粉末状の溶射材料を投入することにより溶融と加速を行い成膜する溶射法である。
エネルギー密度の極めて高いプラズマジェットにより、10,000℃を超える高温が得られるので、高融点の金属、サーメット、セラミックスをはじめ、ほとんどの材料を溶射することができる。
また、発生条件によりプラズマジェットの温度を選択できるので、材料選択の自由度が大きく、基材と溶射皮膜の密着性が高いなどの特徴を有する。
プラズマ溶射
製紙工場向け 油圧ロッド
プラズマ溶射

形状寸法 φ100×900㎜
素材材質 SUS630
溶射目的 耐摩耗
溶射方法 プラズマ溶射
溶射皮膜 Cr2O3
溶射厚 300μm
仕上げ ダイヤモンド研磨加工
油圧ポンプ用 駆動軸

形状寸法 φ55
素材材質 SCM
溶射目的 シール部の耐摩耗
溶射方法 プラズマ溶射
溶射皮膜 Cr2O3
溶射厚 300μm
仕上げ ダイヤモンド研磨加工
製鐵向け スピンドル軸

形状寸法 φ250×5000㎜
素材材質 SCM
溶射目的 シール部の耐摩耗
溶射皮膜 Cr2O3
溶射厚 300μm
Copyright(c) 2009 光栄テクノシステム株式会社. All Rights Reserved.