粉末式フレーム溶射

酸素―アセチレン(または水素、プロパン)炎中に粉末状の溶射材料を投入し、フレーム中で溶融させると同時に燃焼ガス流により加速させ、溶融粉末を基材に衝突させて成膜する。
ほとんどすべての金属、合金、サーメットが溶射できるが一般的には溶射後に再溶融処理をする自溶合金溶射、ニッケルグラファイトなどのアブレイダブル溶射、またはプラスチック溶射に広く利用されている。
溶射ガンが軽量で取り扱いが容易であること、溶射効率が比較的高いこと、騒音が少ないなどの特徴を有する。
粉末式フレーム溶射
粉砕ロールへの耐摩耗溶射

粉砕ロールへの
耐摩耗溶射
ブランジャー摺動部への耐摩耗

ブランジャー摺動部への耐摩耗
Copyright(c) 2009 光栄テクノシステム株式会社. All Rights Reserved.