溶線式フレーム溶射

代表的なガス式溶射法の一種である溶線式フレーム溶射法では、酸素―アセチレンあるいは酸素―プロパンなどによる燃焼炎(フレーム)中に線状の溶射材料を連続的に送ることにより溶融させ、圧縮空気で微粒化された溶融粒子の投射により成膜する。
溶射材料として亜鉛、アルミニウムのような低融点材料から炭素鋼、ステンレス鋼、モリブデンに至るまで線状に加工できる金属材料は溶射ができる。
線状化が難しいセラミックスやサーメット材料はフレキシブルチューブに充填して溶射される。
・溶射装置が可搬で現地施行できる。
・基材温度を上げることなく施行できる。
・溶射皮膜の厚さを広い範囲(0.1~10mm)で選択できるなどの特徴を有する。
yousen_img
Copyright(c) 2009 光栄テクノシステム株式会社. All Rights Reserved.