溶射加工

溶射とは、溶融状態に加熱した溶射材料の微粒子を前方に吹き飛ばし、基材表面に皮膜を形成し、表面機能を向上させる表面改質技術です。

溶射法の分類

溶射法の分類

溶射の特徴

  • 溶射材料の選択自由度が広い。
  • 皮膜形成速度が速い(加工時間が短い)
  • 大型構造物や複雑形状物にコーティングできる。
  • 熱歪みによる影響が少ない。
  • ドライプロセスである。
  • 現地施行が可能である。

基本工程

flow

溶射材料の目的別分類

目的 溶射材料
耐食 金属材料 亜鉛、アルミニウム、亜鉛・アルミニウム合金、ステンレス鋼、ニッケルおよびニッケル合金(ニッケル・クロム合金、モネル、ハステロイ、インコネルなど)自溶合金、
非金属 セラミックス、プラスチック
耐熱 金属材料 耐熱鋼(ステンレス鋼系を含む)、耐熱合金(ニッケル・クロム合金を含む)、自溶合金、MCrAlx系合金、その他
非金属材料 セラミックス、サーメット、その他
耐摩耗 金属材料 炭素鋼、低合金鋼、ステンレス鋼(主としてマルテンサイト系)、ニッケル・クロム合金、自溶合金(硬質炭化物合金を含む)、硬質金属(モリブデンなど)、その他
非金属材料 セラミックス、サーメット
Copyright(c) 2009 光栄テクノシステム株式会社. All Rights Reserved.