光栄テクノシステム株式会社

お問合わせ
Thermal Spraying

溶射加工
溶射加工の概要です。それぞれについては「溶射の分類」へ

溶射とは、溶融状態に加熱した溶射材料の微粒子を前方に吹き飛ばし、基材表面に皮膜を形成し、表面機能を向上させる表面改質技術です。

溶射法の分類

溶射法の分類

溶射の特徴

    • 溶射材料の選択自由度が広く、多品種な材料に対応できる。
    • メッキに比べて皮膜形成速度が速い(加工時間が短い)
    • 肉盛り厚さがメッキや熱処理皮膜に比べて厚くできる。
    • 大型構造物や複雑形状物にコーティングできる。
    • 溶接に比べて、母材への熱影響が少ない(変形や歪の発生を抑える)
    • ドライプロセスである。
    • 現地施行が可能である。

基本工程

溶射基本工程

溶射材料の目的別分類

目的 溶射材料
耐食 金属材料 亜鉛、アルミニウム、亜鉛・アルミニウム合金、ステンレス鋼、ニッケルおよびニッケル合金(ニッケル・クロム合金、モネル、ハステロイ、インコネルなど)自溶合金、銅および銅合金、その他(チタン、ジルコニウム、すずなど)
非金属材料 セラミックス、プラスチック
耐熱 金属材料 耐熱鋼(ステンレス鋼系を含む)、耐熱合金(ニッケル・クロム合金を含む)、自溶合金、MCrAlx系合金、その他
非金属材料 セラミックス、サーメット、その他
耐摩耗 金属材料 炭素鋼、低合金鋼、ステンレス鋼(主としてマルテンサイト系)、ニッケル・クロム合金、自溶合金(硬質炭化物合金を含む)、硬質金属(モリブデンなど)、その他(ニッケル、アルミナイトなど)
非金属材料 セラミックス、サーメット
お問い合わせはコチラ

メールでのお問い合わせは24時間365日受付中!

事業継続力強化計画ロゴ
092-611-6825

電話対応時間:平日8:30~17:30
(休業日:カレンダーをご確認下さい。)

iPROS(イプロス)ものづくり(イプロス)
PDFダウンロード(イプロス)

ページトップへ戻る